チケット販売用webアプリによって人件費削減&サービス向上を実現!
/アドベンチャーワールド

キーワード:

  • webアプリ
  • UX/UI
  • システム

目的とゴール

和歌山県白浜町にある動物園、水族館、遊園地一体型テーマパーク「アドベンチャーワールド」。今回、パーク内でも人気のナイトマリンライブ「LOVES」の座席販売で使用する現地スタッフ向けの販売用アプリケーションおよび集計機能を開発しました。

これまでのパーク内での座席販売においては、印刷された座席表を現地スタッフが相互に確認しながら、3,000席近くある座席から空いている席を販売する流れでした。また、販売後のチケットの発券や集計作業もスタッフが手作業で行い、夏休みなど繁忙期になると連日の販売対応のため、多大な作業コストが発生していました。

本案件では、複数のスタッフによる来場者さまへの同時販売、チケット発券(Wi-Fiプリントによる無線印刷)、さらに販売後の集計を可能とし、人力で対応している部分の作業負荷の軽減を目的に取り組みました。

販売画面の座席選択時の画面インターフェース

設計・開発フェーズ

現地スタッフの方が3,000席近い座席の中から、スムーズに希望する席を選択・販売していただけるように、まずは現地スタッフの方のオペレーションの流れを詳しくヒアリングさせていただきました。
販売時にスタッフの方が来場者さまと対話しながら画面操作することを考慮し、販売完了までの画面選択を可能な限り迷わず、考えずに操作することができるように、「アクションボタンのカラーを目立たせる」「ボタンのラベルを具体的なアクションを示す内容にする」「ボタンの使用頻度に応じてタップのしやすさを変える」等々、プロジェクトメンバー全員で意見を出し合いながら、配席ミスを防ぎ、かつスムーズに販売を行えるインターフェースになっているか、各メンバーのフィルターを何度も通して、細部にこだわって画面を設計しました。

機能面では未会計状態で座席を選択している際も、その選択した座席を確保する仕組みを取り入れることで、来場者さまに同じ座席を誤って配席することを未然に防ぐなど、販売の精度を高める実装を行いました。

webストアと現地販売の販売フロー
ワイヤーフレームと画面説明による画面の変遷

現地での操作レクチャーと技術サポートを実施

販売日の前日には弊社スタッフがアドベンチャーワールド現地へ赴き、6台ある機器の最終設定や、ネットワークなど環境の設定を行いました。また操作マニュアルをもとに約20名の現地スタッフの方へ操作レクチャーを実施。遅くまで一緒に販売のロールプレイングを行い、当日に臨みました。緊張の運用開始当日となりましたが、適宜画面操作や技術のサポートを行い、大きな問題なく販売を終えることができました。

マニュアルをもとに現地スタッフの方へ操作説明
当日の販売風景
POINT

来場者さまとの実際のやり取りを目の当たりにすることで、オペレーションのスピード感や現地スタッフの皆さまの動きなどを具体的に理解することができ、今後の運用フェーズにしっかりと活かしていくと共に、弊社が開発したものを使っていただいていることの喜びと責任感を改めて感じることができました。

現地販売後の振り返り

これまで座席の割り振りや集計を現地スタッフが手作業で行っていたこともあり、現地の人件費の削減・サービス向上に寄与することができました。実際にお客さまから、現地販売後の振り返りで、今回改善できたポイントとして以下を挙げていただきました。

・チケット準備の労力が大幅に削減され、効率化を実現できた
・配席ミス、チケットの渡し間違いなどミスが軽減された
・昨年の席種別の販売から、どのカウンターでも全ての席を販売できるようになった
・残席数の把握がしやすくなった
・販売時のスムーズな誘導により、来場者さまとの会話も増えるなどサービスレベルが向上した
・スマートな運営により、スムーズな座席販売を行っている良い印象を来場者さまに持っていただけた

また、新たに改善点やご要望もいただいており、こちらは改善方法をご提案させていただきながら、次回以降の販売が、お客さまそして来場者さまにとってより良いものになるように努めてまいります。

お客さまの声

株式会社アワーズ(アドベンチャーワールド運営会社)
経営企画室 大西さま

ナイトマリンライブ「LOVES」はアドベンチャーワールドでも人気の夜のイルカのライブです。座席チケットの事前販売は当初は3,000席を自社で発券し、大きな紙に書いたスタジアムの席にマーカーで線を引きながら、1席1席をスタッフの手で販売していました。このアナログの状態では時間も人件費もかかりますし、ミスも起こります。何よりもチケットを求めてくださるお客さまに長い列でお待ちいただくというご負担をかけてしまいました。
販売システムを制作するにあたって、ルート・シーさまは何度も弊社に足を運び、現状を細かくヒアリングしてくださいました。どうすればうまく運営できるかを何度も話し合い、専門の知識が無くても誰でもすぐに販売できるシステムを制作してくださいました。システム導入後はお客さまをスマートにご案内できるようになりましたし、スタッフの負担も大きく軽減され、より良いサービスが提供できるようになったと感じています。

ルート・シーさまはいつも私たちの近くで、一緒に悩み、常により良いパフォーマンスができるように寄り添ってくださいます。ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

スタッフ

Producer 近藤(裕)
Director 渡辺
Designer 野村
FE 田中
SE 三ツ国、塩見
カテゴリ
webアプリケーション
リリース
2016年4月

キーワード:

  • webアプリ
  • UX/UI
  • システム

< 制作実績のトップへ戻る