求人情報だけではわからない「ルート・シー」の中身、お見せします。(専任部編)

クライアントのweb戦略をチームワークで実現する ~ 専任部 ~

ルート・シーではコーポレートサイトのほか、求人媒体にも採用情報を掲載していますが、これだけでは「自分が入りたいのがどんな部署」で、「どういうマインドで仕事をしているのか」がなかなかわからないですよね。

そこで今回から4回に分けて、ルート・シーの4つの事業部をそれぞれご紹介していきたいと思います。第一回は…

クライアントのweb戦略をチームワークで実現する ~ 専任部 ~

大手鉄道会社さまや輸入車メーカーさま、自然派製品を取り扱う企業さま、技術商社さまなど、多業種に渡るお客さまを持つ専任部。コーポレートサイトやポータルサイトの運用から、コンテンツの新規制作・更新、システムが絡む大規模な予約サイトの企画・制作までご依頼いただいています。

主要顧客となる鉄道会社さまにおいては10年以上のお取り引き実績で、その規模は年々増加しています。おかげさまで頻繁に追加の人員を募集している状態!

専任部の特徴

3つのセクションに分かれています

  • 毎日の運用更新業務
  • コンテンツの企画・制作
  • メールマガジンの企画・制作

セクションは分かれているものの、共通のお客さまを持つため、部の一体感に溢れています。セクション間でも情報共有やチームワークは抜群で、わからないことがあればたいてい誰かが知っていて、困ったときは必ず誰かが助けてくれる。それが専任部の大きな特徴です。

運用主体だけど、攻めてます

ご依頼いただいた内容をただ更新するだけではなく、「お客さまを熟知しているからこそ持てる視点」で積極的にご提案を行っています。ご提案の規模によっては、他部署のプランニング部やエンジニアリング部のメンバーと協働することもしばしば。

コンテンツ単位ではなく、サービスレベル・事業レベルでお客さまと向き合い、一緒にサービスを育てていく。それが専任部の最大の醍醐味であり、強みなのです。

専任部の楽しさ

仕事に対してとっても真面目な部なのに、いつも何かしら笑いが起こる専任部。そんな専任部では、繁忙期のあとに「感謝祭」と銘打たれた慰労会が開催され、昨年は城崎までカニを食べに行きました!

(左)みんなが中央に集まる中、前に立つ人材も必要な専任部 (右)旬のカニをおなかいっぱい食べました!

社内の声を聞いてみました

入社して得たスキルは?

  • タスクを整理してどんどんさばいていく能力が明らかにアップした。(ディレクター 和泉)
  • 「顧客を熟知し、提案を通じて関係性を深めていくこと」は他の会社では経験できなかった。(ディレクター 林)
  • 構成・デザイン・コーディングと一貫して制作できる環境なので、ディレクターと相談しながら設計部分も考える力がついた。(デザイナー 澤田)

他部署から見た専任部は?

  • スピード感のある現場だからこそ、提案できる場面が多い。(プランニング部:ディレクター 上田)
  • 仕事が丁寧でスピーディ!(東京webソリューション事業部:ディレクター 金井)
  • 日々の運用やメルマガ配信をこなしつつ、新しい提案もどんどん進めているところがすごい。(東京webソリューション事業部:デザイナー 小森)
  • デザインの楽しさ:常に真剣勝負の緊張感があって、背筋をピンとできる。(プランニング部:デザイナー 野村)

専任部を表す3つのキーワード 

  • チームワーク
  • 懇切丁寧
  • 大家族感

こんな人はJOIN!

専任部に向いてるのはこんな人

  • 経験は浅くても真面目で丁寧な仕事が得意。
  • より良くするための提案はドンドンしたい。
  • 大手クライアントのwebサイト運用をするための様々な分野を経験してみたい。

こんな人が来てくれたら嬉しい!

  • 常に楽しく仕事をしたい。
  • アクセス解析・分析が得意。
  • システム開発が絡む案件のディレクション経験者。
部長の小澤(左)と、サブリーダーの和泉(右)@談笑中

まずはお話だけでもしてみませんか?

ルート・シーに少し興味を持ってくださったそこのあなた。
応募しようかなー、どうしようかなー?と思っているそこのあなた。

まずは一度、ランチでもしながら気軽にお話をしてみませんか?この際聞いてみたいこと、話してみたいこと、ぜひお聞かせください!

お申し込みはルート・シー コーポレートサイトの採用応募フォームにて必要事項をご記入の上、「その他ご質問など」欄に「Root-Sea Plusを見て、話を聞きに行きたい」とご記入ください。

ここまで読んでくださったあなたからのご応募、心よりお待ちしております!

< コラムのトップへ戻る